仕事環境をみなおしませんか?トップ

『オフィス デスク』 最新ツイート

@KAWATARO_OZ3

J-DREAMさんちのガチャ コレ非常に良き‼️😁✨✨✨ 病院マスコットの医療用椅子&患者用椅子セット(とくに色!)に惹かれたが、 オフィスマスコットのほうはデスクと椅子のセットだったので、オフィスをチョイス👍⤴️ 1発目に本命の… https://t.co/z2v97OZKWI

8分前 - 2021年09月26日


@e3chan2

\3000円クーポンで16500円・マウスパッド付/ 「楽天1位」 ゲーミングチェア オフィスチェア 耐荷重150kg リクライニング デスクチェア リクライニング パソコンチェア ゲーム用 ハイバック ヘッドレスト ランバーサポ… https://t.co/e8GOo8nlhO

20分前 - 2021年09月26日


@HdgapLD0AhlZiC2

ランキング:17位 (家具、インテリア) パソコンデスク 机 幅120cm シンプル ワークデスク テーブル 学習 オフィス 作業台 事務 長......(17:25) https://t.co/RSUsDevTlJ

45分前 - 2021年09月26日


オフィスデザインのコツ2 -レイアウトについて-

デスクタイプ

ワークスペースのレイアウトを考えるときは、各部署の仕事内容を考慮したデスクや設備の配置が必要です。ワークスペースのレイアウトは大きく3つに分けられます。「スタンダードタイプ」「フリーアドレスタイプ」「クリエイティブタイプ」です。ここではそれぞれのタイプの特徴を紹介します。

・スタンダードタイプ
1人1人が個別のデスクを持つ一般的なスタイル、部門構成がしやすく、またメンバー間のコミュニケーションがとりやすいので、総務などの事務系スタッフに最適なタイプです。 電話オペレーターなどのオペレーション作業にも適しているので、オペレーションタイプという場合もあります。

・フリーアドレスタイプ
フリーアドレスの名前の通り、個人に固有席を割り当てずに共有席を用意し、ワーカーは空いている席を使って仕事を行なうスタイル。外回りや出張などが多い部署では、オフィスの座席数を社員数より少なくすることができるため、オフィススペースの利用効率を大幅に高めることが出来ます。

・クリエイティブタイプ
クリエイティブとは、独創的なものという意味ですが、このようなタイプがあるという時点で独創的ではありません(笑)。デザインや設計などのクリエイティブワークに適したスタイル。背面体勢で1つのチームを作りやすいです。お互いのコミュニケーションも取りやすく、チーム分けのしやすいレイアウトの代表でしょう。

おすすめWEBサイト 5選


勤怠管理 システム



2021/7/1 更新